オフィス移転を業者に依頼する上での流れ

subpage01

オフィス移転を業者に任せる場合、物品の運搬を専門とする会社、内装会社、電気会社、通信会社等を個々に依頼する必要性があったりします。

そういった場合には、総てのオフィス移転を一括で担当してくる業者に依頼すれば、個々の会社に依頼しなければならない必要な作業を、総て代行して行ってくれるサービスを展開している場合も多いです。総てを一括して代行してくれるとなると予算計画が立てやすく、また個々に依頼する場合よりも格安な費用を実現したり、サービスの質自体が良くなるメリットがあります。

オフィスレイアウトついてはこちらのサイトでご確認ください。

そしてオフィス移転を業者に依頼する流れは、まず綿密な打ち合わせを行うことから始めます。
この綿密な打ち合わせでは、お客さんの依頼したい内容などを確認し、それに則った概算の見積もりなどが提案されることが多いです。

最近気になったYahoo!ニュースの人気が上昇しています。

次に現地調査で具体的にお客さんの要望を実現できるかどうかの確認する上で行われます。
そして概算の見積もりよりも詳細な見積もりが提案され、それをお客さんが納得・承認したら、具体的な工事計画や作業の日程調整のフェーズに移行します。


そして日程通りに具体的に工事から始まり、それから移転のための運搬などの作業が行われます。

注意しなければならないのは、移転の場合は現状復旧を行わなければならないことで、借りていたオフィス空間を返却できる状態にすることです。
そして移転のための運搬作業が終了し工事計画通りに作業が完了されれば終了となります。



オフィス移転にかかる期間は、業者に依頼して打ち合わせを行ってから2ヶ月から半年の期間をかけて行うのが一般的となります。