遺留分減殺請求の調停とは?

  • 遺留分減殺請求の調停とは?

    • 遺留分減殺請求の調停とは、遺留分を侵害された人(遺留分権利者)が遺留分を侵害した人(遺留分義務者)に対して、侵害された遺留分の範囲内で財産を請求する物件返還請求調停を言います。

      47NEWSの情報が更新されています。

      遺留分とは、兄弟姉妹を除く法定相続人が遺言書よりも優先して相続財産を取得する事ができる権利を言い、その割合は相続財産全体の2分の1、法定相続人が被相続人の直系尊属のみである場合は3分の1が民法により保障されています。遺留分減殺請求は、権利を行使した段階で効力が生ずる形成権と解釈されています。そのため、遺留分権利者が口頭、書面に関わらず、遺留分義務者に対し権利を行使すると通知した段階で、遺留分義務者が保有している財産の権利が遺留分権利者に移ることになります。しかし、権利が移っても財産を返還しない場合は多く、そうした状況において行われる手続きが遺留分減殺請求の調停です。
      既に権利は異動しており、物品の返還を求めるために調停であるため、物件返還請求調停と言われます。この遺留分減殺請求は、遺留分権利者が遺留分の侵害を知った日から1年以内、あるいは相続が始まってから10年以内に行わなければ、時効により請求権が消滅します。

      幅広い分野の視点から分割協議書 情報サイトを使用する機会が増えています。

      ただし、遺留分減殺請求は形成権であるため、一度でも遺留分義務者に権利の行使を通知すれば権利が異動しますので、当然、時効も関係なくなります。



      注意点として、通知により減殺請求の時効は関係なくなっても、物件返還請求の時効は進行しますので、請求の際はその時効に留意する必要があります。

  • 知識を増やす

    • 被相続人は、遺言書などによって、自由に自分の財産を相続させることができますが、配偶者や子供、親などは生前に寄与したにも関わらず、まったく遺産を相続できないということになってしまうと、あまりにも酷なこととなるので、法律では、兄弟姉妹を除いた法定相続人には、遺留分を請求することができることが定められています。もし、遺留分を請求したいと考えた場合、遺留分減殺請求手続きを行うことが必要になります。...

  • 耳より情報

    • 遺産相続の際に大きな問題になる場合として、亡くなった人が特定の親族に多くの遺産の分与を指定したり、親族以外の人に遺産の相続を指定したりする場合です。これらは遺言によって行われ、その遺言が法律に照らして有効な物で有る場合には法律で指定した法定相続分よりも優先することになりますが、親族としては納得できない面が非常に大きいものです。...

  • 法律をもっと知る

    • 人が死亡時に持っていた財産(相続財産)は、原則として、その人が遺言などで、その処分を自由にできます。しかし、現実には、相続財産は、その人を相続する人の生活を大きく左右することなどから、相続財産の一定割合について、相続人が遺留分という権利を持っています。...

  • おすすめ情報

    • 弁護士に相続手続きをお願いするとどこまでやってもらえるのでしょうか。弁護士に動いてもらっても細々としたことは自分で行わなければならないのでしょうか?それとも相続に必要な手続きはほとんどしてもらえるのでしょうか。...

top